私たちS1(中3)学年は、5月2日に校外学習としてJICA関西と兵庫県立美術館を訪問しました。

まず初めに JICA 関西で施設の説明を受けました。

JICA 関西は主に海外の支援、援助をしたり、開発途上国に日本から技術のある人材を派遣してその国の発展を手助けしたりする施設です。

施設の中にはSDGsに関するブースや世界各国からのお土産を展示しているブース、民族衣装を身に付けることができるブースなどがありました。

また、JICA海外協力隊として実際にパプアニューギニアに行かれていた方に、体験講話をしていただきました。

兵庫県立美術館では、「スーラージュと森田子龍」展が開催されていました。

フランス出身の画家・スーラ―ジュと日本(兵庫県豊岡市)出身の書家・森田子龍、国境を越えた二人の著名な芸術家の作品を見ることができました。

二人の作品をどう解釈すれば良いのかみんな頭を悩ませており、中には、解釈について友だちと協議する生徒も見受けられました。

校外学習は長いようで短く、とても楽しいものになりました。

(S1広報推進委員)

カテゴリー

アーカイブ