温かい日差しとともに吹く風が心地よく感じられるようになった今日、僕たち中高一貫1期生51名は、夙川高等学校へ、入学します。本日は、このような状況の中にもかかわらず、立派な入学式を挙行していただき誠にありがとうございます。

 3年前、僕たちは、夙川中学校に一期生として入学しました。新たな出会いがたくさんあった中学三年間で、僕たち全員が実感し、学んだことのひとつに、迷ったら挑戦してみるということがあります。挑戦すれば、次には、努力も必要不可欠です。努力を重ね続け、成功を手につかむこともあれば、失敗してしまうこともあります。どちらの場合も、人は涙を流す感動の場面があります。その涙は人生の大きな糧となりうるでしょう。しかし、挑戦しない限りは涙を流すことはありません。なぜなら、成功の経験も、失敗の経験もしないからです。だれにでも、挑戦してみる権利があります。だからこそ、僕たち中高一貫1期生は、仲間とともに常に前向きな気持ちを忘れずに何事にも挑戦し、日々努力していきます。そして高校生活の一日一日を、一人一人にとって、貴重で、充実したものにします。

 最後になりましたが、理事長先生、学園長先生、そして先生方、僕たちの高校生活の三年間は、これからの人生に大きな影響を与えるような出来事がたくさんある、人生の中でも内容の濃い三年間となると思います。これからもご指導のほどよろしくお願いいたします。

 僕たちは日々感謝を忘れず、希望を持ち、一人ひとりが思い描くキャリアビジョンへ向けて、挑戦し、努力を重ね続けることを誓います。

 2022年4月9日  入学生代表 中家 垣太