高校校長 下地 英樹

一人ひとりの安心のため、多くの教員が関わります。

高校校長下地 英樹

多感な中学時代、生徒の周囲では日々様々な問題が発生すると私たちは考えています。そのような子供たちを支えるため、クラス担任、教科担任、部活動顧問、その他大勢の教職員で、一人ひとりの生徒を見守っています。それぞれの立場から生徒を見守ることで、発生する問題をすぐに発見することができます。そして、部署を横断した教員チームで解決にあたることで、安全な学校生活を実現しています。
高校時代は、勉強・部活動・学校行事に取り組むのはもちろんですが、将来の進む道を決め、その準備を行う、たいせつな時期でもあります。夙川高等学校の特色である少人数できめ細かな指導により、生徒一人ひとりの得意を見つけ、それを伸ばせる進路を一緒に考えていきます。そして、力強く歩いて進めるよう先生方は全力でサポートします。

養護教諭 井上 有歌

生徒自身の心と身体の健康を守ることはもちろん、他者の健康にも気を配れる生徒の育成を目指し、健康管理・予防教育に力を入れています。

養護教諭松井 柚香里 井上 有歌

校舎にはAEDを複数台設置し、教職員はいざという時のために救急救命資格の全員取得を目指し研修を行っています。生徒たちは性感染症や流行の感染症について専門家による授業で正しい知識を学び、自主的に行動できる生徒の育成を目指しています。生徒保健委員会を中心に教室や施設の消毒を徹底して実施しています。生涯を通じて自身の健康を保つことはもちろん、他者の心と身体も大切にできる人を育成していきます。