教育目標・教育方針

教育目標

  • 自分らしさを育む
  • 「個性」を伸ばす
  • 「得意」を伸ばす

教育方針

  • 生徒の個性を最大限に伸ばす
  • 生徒の「好き」を大切にする

進路の実現

一人ひとりの手厚い指導による進路実現を目指し、大学現役合格をサポートします。

  • ダブルスクール不要

    放課後、各教科で習熟度に合わせた特別講座を開講しており、生徒は希望する講座を自分で選択して受講することができます。また放課後だけでなく長期の休み中も開講されます。

  • 基礎から確実に積み上げる

    生徒一人ひとりの力を最大限に伸ばすために始業前や放課後、昼休みなど生徒の時間に合わせて丁寧な個別指導を行っています。

  • 新しい入試制度に対応するカリキュラム

    2020年度からの大学入試制度改革に対応するために求められる主体性・多様性・協働性を身につけるため、英語力を磨く・キャリア教育・個別指導・受験対策などを行います。

  • 英語力を磨く

    読む力・書く力だけでなく、聞く力・話す力が身につくようにします。また、アメリカ研修やエンパワーメントプログラムなどの国際交流を通して英語で表現する力を身につけます。

  • 部活動と両立する

    計画的に時間を使い、質の高い授業を活用することで、勉強と部活動を両立させて文武両道を実現します。

6年一貫でなければできない教育夙川中学校の教育

2018年度時間割と放課後の一例

放課後の使い方は自分で組み立てます。

2018年度時間割と放課後の一例

特別講座

レベルに合わせて、基礎と発展の2種類から選択します。希望によりどの講座でも受講できます。

特別講座

タイムマネジメント教育

本校では金曜日の1時間目に、「タイムマネジメントの時間」があります。入学時から自己実現について考え、目標の設定と計画的な時間活用を定着させることで、学力の向上とマネジメント能力の向上をはかります。

「なりたい自分になる」ためにこの2冊のノートが自分のマネージャーになる

プロジェクトマネジメントノート・タイムマネジメントノート

プロジェクトマネジメントノート

目標とするべきことを明確にして、具体的に実行することを管理するノート

  • 大きな目標(なりたい自分・進路目標)
    小さな目標(1年、学期、月、週)を決める
  • 目標達成のためにするべきことを決める
    (具体的学習・部活動・趣味等)

タイムマネジメントノート

夢実現のため、いつするのかを明確にし、行動と時間を管理するノート

  • 「する」と決めたことをいつするかを決める
    (スケジュール管理)
  • 過ごした時間を分析し、生活に改善を加える

生徒一人ひとりが「夢の実現」「目標の達成」にむけてタイムマネジメントノートを使いこなせるよう学校全体でサポートしています。

その日のうちに完全に理解する授業が基本

  • 面白い授業

    面白い授業

    学力向上の第一歩は、その教科を好きになることです。生徒がその教科を好きになるような授業を展開していきます。

  • 役に立つ授業

    役に立つ授業

    知識を得るだけでなく、知識を生活の中で使っていくことで学びの本質にアプローチしていきます。

  • 双方向の授業

    双方向の授業

    先生の一方向的な講義ではなく、生徒からの質問、意見交換などを通して自ら学ぶ意欲を養い、個々の進路を実現する学力の定着を図ります。

授業のあとは自分で計画的に決める放課後の過ごし方

自分で組み立てる

隔週土曜日、授業が行われます(それ以外の土曜日も希望により対応)。放課後はそれぞれの目的に合わせて自分で使い方を決め、計画的に学校生活を送ります。

student’s voice

自分のペースを上手に作って、充実した日々を過ごしています。

中学1年

週3回、放課後に特別講座を受講しています。主に授業の振り返りをするので、理解しづらかった所もしっかり身につくし、授業と違って、やる気のある少人数で勉強するので先生との距離も縮まり、楽しく勉強できます。他の日は普段下校が遅くなるので、早く家に帰り、ゆったりとした時間を過ごせています。

一人ひとりの可能性を最大限に伸ばす受験対策と進路の実現

丁寧な個別指導・少人数指導

最大の特徴は個別指導です。放課後だけでなく、朝、昼休み、放課後など、生徒の時間に合わせて、熱心な個別指導が行われています。生徒個々の力を本当に伸ばすためには、一人ひとりの課題を1対1で解決し、生徒のやる気を引き出す個別指導が、最も大切だと考えています。

  • 特別講座

基礎講座や発展講座など各教科で習熟度に合わせて実施。

  • 面接指導
  • 小論文・添削指導

自分の考えを能動的に文章に書き表したり発言したりできるよう国語的思考力・表現力を鍛える。

2020年大学入試制度改革に対応

2020年大学入試制度改革に対応

じっくりと進路を考えるための取り組みキャリア教育

進路を考える

将来、自分はどういう仕事に就きたいのか。そのためにどういう進路を選ぶのか。自分と向き合い考える機会をもちます。

  • オープンキャンパス参加
  • 進路講演会
  • 進路ガイダンス開催
  • 個別面談

teacher’s voice

ひとりひとりの個性と可能性を伸ばし、目標を達成するために寄り添って共に歩んでいきます。

中学部 部長

5年後・10年後の自分をシミュレーションし、作文を書いたりスピーチをしたりして、自己表現する機会や自分以外の人間の考えを知る機会を持つようにします。多方面に興味・関心を持つことで自分の進むべき道を探します。実際に職業体験や見学会、職業人を招いて話を聞くことを経験し、早い段階で自分の目標を絞っていきます。また、国際化社会に対応するため、英語教育をゲームやキャンプを通して楽しく身につけるプログラムを用意しています。

グローバルに活躍する人を育てる英語力を磨く

  • CLIL(クリル)

    他の教科と英語の語学学習を統合したアプローチです。教科内容を題材に英語の4技能を高めることができ、生徒たちの発信能力を高め、英語教育の質的向上を目指します。

  • Phonics(フォニックス)

    英語圏ではこどもに読み方を教えるための教育方法として用いられています。フォニックスを学ぶことで『英語が読め、英語が書ける』という技能が身につきます。

  • イングリッシュキャンプ

    Osaka English Village(OEV)に行きます。英語を楽しみながら学ぶ、体験型英語教育施設です。異文化に対するハードルを下げる第一歩としてアメリカに来たかのような空間で、英語に触れられます。

新入試対応(4技能)

  • GTEC
  • 英検
  • TOEFL
  • TEAP

2020年大学入試改革における英語試験の4技能化が進み、資格・検定試験を利用した入試制度が増えています。本校ではGTEC、実用英語技能検定、TOEFL、TEAPを活用しながら、より高度な思考力・判断力・表現力を身につけます。